新型コロナウィルスの影響で、
Jリーグは開幕戦1試合のみを消化し、
以降、中断を余儀なくされている。

GWの再開をめざしていたものの、
全国に緊急事態宣言が出て、
結局再開の目処は立たなくなった。

こんなこと、あっただろうか。

1992年にJリーグが発足してから今年で28年目。
私は2006年から見始めたのでその前のことはわからないけど、
リーグが中断されて再開の目処も立たないなんて、
多分今までなかったことだよね。

2006年のW杯ドイツ大会からサッカーにハマって以来、
生活の中にサッカーがあることが当たり前だった。

 そんな日常が突然ふっとなくなって、
あらためて、「当たり前」だと思っていたことが
「当たり前」じゃなかったんだな、と気づく。

このブログを更新するのは、去年の8月以来8ヶ月ぶりだ。
でも、去年の8月の更新ですら、1年ぶりだった。

他の人からみたら「もうサッカーに飽きたのかな?」と思われているかもしれない。
でも、実は全然そうではなくて、私の中でもう、サッカーは完全に「私の一部」になってるから、
あらためて「ブログに試合の感想を書き留めておこう」なんて思わなくなってしまったのだ。

 自分の住む街に「エスパルス」というクラブがあって、
サッカーを通して知り合った仲間が日本全国にいて、
自分自身も仲間とサッカーをやれる場所があって、
 つまり、私の生活の大部分を「サッカー」が占めている。

私には、呼吸するようにサッカーを楽しめる日常があった。 

そして、それが「当たり前」だと思ってた。
こういう状況になって、それは「当たり前」なんじゃなくて、
「幸せなこと」だったんだなぁ、と気づく。

いま、そんな当たり前だった日常がなくなって、
「サッカー」についてあらためて考えている自分のことを、
ここに書き留めておこう…という思いから、8ヶ月ぶりにブログを更新しています。
 続きを読む