フツーな主婦ゴトーのサッカーな部分

バレンシアと清水エスパルスをはじめ、ママさんサッカーや海外サッカーなど、サッカーの色んなことについてミーハーに語る主婦の日記。

2015年04月

公式戦7連敗中で息も絶え絶えな感じのエスパルスですが、昨日はナビスコの仙台戦がホーム日本平で行われました。


平日の夜ですし、今はもうカップ戦で主力選手の体力消耗させてる場合じゃないですし、とは言っても、捨て試合みたいな試合して公式戦連敗記録を伸ばすのもチームにとってはアレですしおすし…。


っつーことで、この試合はどんなテンションでのぞむのだ?サポはどんなテンションで応援すれば良いのだ?…とか思ってたわけなんですけども、この日のメンツが、普段見たいけどなかなか見れないサブメンがメインな上に、ユース時代から応援していて、その成長を母心で楽しみにしている平成の新三羽烏(水谷、北川、宮本)が揃ってベンチ入りしてましたので、一気に浮かれ気分でロケンローな私だったのでした(そんな歌あったよね?え?ない?)


それにしてもこの日はホントに、「カンテラ至上主義」と言われた時代のバルサのように(?)、エスパルスユース出身の選手が揃い踏みでした。今年の私の推しメン(?)北川航也はなんと先発だし、FWに駿、SBにエダ、CBにコウタ、ベンチには水谷くん、宮本くんのほか、石毛くん、加賀美くんと、こちらも大榎監督が育てたユースっこたち。


今年のルーキーの航也、水谷くん、宮本くんがユース時代は、ユースの試合の応援にマメに足を運んだ。トップの試合と違って、ユースっこたちの試合というのは、さほど勝ち負けを気にせず楽しめた。

プロとしてお金を稼ぐためにサッカーやってる選手たちと違って、ユースの子たちにはまだ「夢を追いかけてる途中」みたいな、キラキラしたものが見える気がして、勝っても負けてもなんか清々しかった。


昨日、ピッチでアップしている彼らを見てたら、なんか、その頃のワクワクする感じをちょっと思い出した。まだまだ伸びしろのある若い選手たちを見るのは、やはり好きだ。

もちろん、ベテランのいぶし銀的なレベル高い技術を見るのも面白いし好きだけども、若い彼らが将来どんな選手になって、どんな活躍をするのだろう…と考えながら見るのは楽しいし、そんな彼らが試合中、一瞬でも光ったプレーを見せてくれると、ものすごくテンション上がる。


そんな期待の航也は昨日、ゲンキのゴールをアシストする素晴らしいスルーパスを出した。

ユース時代はCFだったからか、サイドとしての動きはまだまだ発展途上なように思えるけど、でも、着実に伸びているのを感じる。

航也の持ち味はスピードだ。

ボールを持った瞬間にグーンと加速して、あっという間に敵を置き去りにする。昨日はエダから航也のそのスピードを活かせるような良いスルーパスが何本も出ていて面白かった。

続きを読む

私の心のモヤモヤボックスが満タンになったので、ここらで吐き出しとこうと思います。

こんにちは、ゆるゆるミーハーおばサポのゴトーです。


エスパルスがまた負けました。

しかも、また切ない負け方でした。


人間は、肉体や精神に激しい苦痛を感じると麻酔効果のある物質が自然に脳から分泌される…と、昔何かの本で読んだことがあります。「現実逃避」も苦痛から逃れるための本能なんだろうか。

最近は、ひどい内容の試合を見せられても、ボロボロに負けても、あまり悔しさとか悲しさを感じなくなりました。いや、感じなくなったんじゃなくて、そういう感情のスイッチを心がオフにする術を、無意識のうちに習得してしまった模様。これはやばいです。本当にやばいです。ある意味病んでいます。


昨シーズン、残留が決まったあの瞬間から、「来季は開幕からさらに厳しい状況になるだろう」ということはわかっていたはずでした。ぶっちゃけ、今だから言えるけど、「残留してよかった」と思う一方で、「降格を先延ばしにしただけ」というような感覚も自分の中にはあって、「こんなにも苦しい思いを、来シーズンは開幕から最後まで、ずっとしなければならないかもしれない。それならいっそのこと降格した方がよかったんじゃないか…」なんてことさえ思いました。


そして今またその思いが、再び脳内を駆け巡っています。

過去のことを振り返っても仕方がない。意味がない。

でも、やっぱりあのときゴトビさんを切らないで、最後までゴトビさんに任せた方がよかったんじゃないか?

それで降格したとしても、大榎さんもJ2で一からスタートの方がよかったんじゃないか?

どうせゴトビさんは悪者にされて追い出されたんだから、それならいっそ、ゴトビさんのまま降格した方がよかったんじゃないか?(大榎さんのためにも)

だって、これだけ勝てない試合が続いても、ゴトビさんの時と違って、なにか「監督批判するな」みたいな空気を感じるわけです。それって要するに、大榎さんがエスパルスのレジェンドだからでしょ?

外国人のゴトビさんは遠慮なく批判できるけど、エスパルスで活躍した大榎さんは批判できない。

そういうことでしょ?

…って、そんな風に思ってしまって、またモヤモヤする。


続きを読む

このページのトップヘ