どうも。エスパルスの心のおかん、ゴトーです(←勝手に


久しぶりに、おかんの橙魂を揺さぶるような試合を見ました。

昨日の天皇杯です。


今さら言うまでもありませんが、今季リーグ戦残りあと2試合というこの土壇場にきても、エスパルスは降格圏から完全に脱することができずにもがいております。

そんななか、選手たちはもちろん、サポーターもみなそれぞれが色んな思いを抱えて、色んな方法でエスパルスをなんとか盛り上げようと頑張っております。


それなのにゴトーおかんは、ぶっちゃけ半分諦めてると言いましょうか、いやもちろん、気持ちとしては絶対にJ1残留して欲しいわけなんですが、現実的な勝ち点とか、残りの対戦相手とか、色んなことを一個一個考えてると、どうしても「こりゃいけるで!」と思えなかったりするわけで…。


それは多分、私自身のメンタルが弱いせいもあるし、「別にJ2に落ちたって応援するし」っていう、揺るぎないエスパルス愛があるせいでもある。あとは、人生経験が長い分(笑)、何も考えずに運を天にまかせて「大丈夫!大丈夫-!きっと大丈夫だよん♪」っていうふわっとした気持ちにはなれないってのもある。


てなわけで、前節のホーム名古屋戦も、まあ「負けなくて良かった」という言い方もあるけれども、あれ勝ってたらもうちょい気持ち的に楽だったのになぁ…っていう、ただその一言につきる感じでブログ更新する元気もありませんでした。ほんとヘタレでサーセン。


ただ、この日はトップの試合の前にユースの試合がありまして、弾丸スケジュールでしたが日本平に行く前に藤枝総合で行われたエスパルスユースvs三菱養和SCを見てきました。

今年は去年に比べてユースの試合になかなか足を運べず、こちらももう残り試合がほとんどないというのに、私にとっては今季初観戦のユースの試合でした。

去年はホーム試合は結構行ったんだけどなぁ。


柏ユースと優勝争いをしてるらしいエスパルスユースはこの日、三菱養和に先制されますが追いつき、その後2-1と勝ち越すもさらに追いつかれ、それでも最終的に3-2で勝つという、実に面白い試合を見せてくれました。

ユース世代のサッカーの面白さってこういう、最後まで何が起きるかわからないところだと思うんだよね。

お互いが最後まであきらめないから、何点リードしてても最後どうなるかわからないという。


そして、昨日の天皇杯はまさにそんなユースの試合を見てるかのような内容だった。

続きを読む