フツーな主婦ゴトーのサッカーな部分

バレンシアと清水エスパルスをはじめ、ママさんサッカーや海外サッカーなど、サッカーの色んなことについてミーハーに語る主婦の日記。

2013年04月

今季ホーム3試合目にして、やっと!やっっっっっっっっっっっと!!!!
勝ちロコができました\(^o^)/

いやぁ、良かった良かった。

開幕戦でマリノスに0-5の大敗、ホーム2試合目の広島にも4失点と、たった2試合で選手たちの心が折れる失点シーンを9回も見て、お母さんの心もボロボロでした(涙)
この2試合でお母さん10才くらい老けた気がします(え

しかも、今季ジュビロとはナビスコですでにダービーを終えていて、言うまでもありませんけども(でも言いますども)、アウェイで1-5の大敗を喫してしますからね(汗)
もしかして今回のダービーもボッコボコにされちゃうんじゃなかろうか…とかもう、不安でたまらなかったわけですよ。前節アウェイで鳥栖に勝って今季初勝利をおさめたとはいえ、たった1試合勝っただけじゃ油断はできないですしね。

そんな不安の中で迎えた静岡ダービーを1-0で勝利し、今季初の勝ちロコができたことは本当に良かった!!さすがに今回はもう泣きませんでしたけど(笑)、久しぶりにアイスタで心の底から笑った気がしたし、選手たちの笑顔を見てホントにホントにうれしかった。久しぶりにスタジアムが良い雰囲気になってましたね。
「はぁ…。この感じ。この良い感じ。久しぶりだねぇ。」と、試合が終わったあともしばしスタンドでその余韻にひたってました(笑)


…が、しかし…、

静岡ダービーにしては客の入りが少なかったのは、なんかさみしかったなぁ。
初めてダービー見た時は満員御礼状態のスタジアムの両ゴール裏から地響きにも近いような応援の声がスタジアム中に響き渡っていて、そりゃあもうすんごい空気だったんですよね。「ああ、これがダービーかぁ」って鳥肌立った記憶がある。
でも、今回はダービーにも関わらず、入場者数は15000人代と、他の試合とあまり代わらない感じでした。今季はうちも磐田もスタートにつまずいてなかなか勝てなかったから、そういうのも集客に影響しちゃうんでしょうかね。

ともあれ、そんな今節をさくっと振り返ってみます。
続きを読む

2ヶ月放っておいたブログを久しぶりに更新したらエスパルスが勝ちました。
ということで、次節の勝利を願いつつ、今回も調子に乗ってブログ更新しちゃおっかな?と思った次第です。

って、はい!

「おめえのブログのおかげじゃねえよ!!」ってツッコミ受付中ですよっ!
よっしゃ!!かかってこいや!!!(え


てなわけで(?)エスパルス、やっと勝ちました。
つーか、テレビとかネットとかのサッカー関連情報は意識的に見ないようにしてたんでよくわかんないですけど、今シーズン初勝利どころか、去年のナビスコ決勝前くらいからずーっと勝ってなかったらしいですよ?
そんな勝ってなかったでしたっけ?気のせいでしょ?(え

にしても、確かにここんとこ勝ちロコずーっとやってないなぁって感じですよね。
早くアイスタで勝ちロコやりたいですね。

いつやるの?

今でしょ!(←言いたかっただけ)



さて(←何事もなかったように)、今節はアウェイで鳥栖と対戦でした。
が、しかし、この週末の日本列島は春の嵐が吹き荒れる大荒天(>_<)
開幕から勝ちなしでサポにバス囲まれて心が弱ってる上に、暴風雨のアウェイなんて、うちの若い子たちは大丈夫なのかしら???と母さん心配で心配で、テレビの前で横になって柿の種食べながらその様子を見守っていました(←えー
続きを読む

な、な、なんと!2ヶ月もブログを放置してしまいました。

大丈夫です!生きてます!!(え

いやぁ、今シーズンは自分の中で色々と感情の変化がありまして、それに自分で対応できなくて考えることをやめたりしてたので、ブログがあることもすっかり忘れてました(えー


感情の変化ってのは簡単に言えば、私の心のクラブランキングに大きな変動があったってことです。

バルサ>>>>>バレンシア>>>>>>>>>>エスパルス

だったのが、いつ間にか、まったく真逆になってました。
今はこんな感じです↓

エスパルス>バレンシア>>>>>>>バルサ


強くて美しいバルサのサッカーに惹かれてサッカーの世界にはまったけど、時が立つに連れてサッカーってそれだけじゃないことを知ったというか、結局は「地元愛」なんだな…と思って今に至ります。
そういう意味で、私の中では勝手にバレンシアとエスパルスって似てると思ってるので(サッカー通のコアサポが多いとことか、チームカラーにオレンジ入ってるとことか、みかんの名産地なとことか、主力すぐ引き抜かれるところとか…etc、etc…)、今ではリーガもバルサよりバレンシア中心に見るようになりました。

でも、もちろんバルサを嫌いになったわけでなく、メッシやイニエスタのようなすばらしい選手のプレーをリアルタイムで見れることはすごく幸せだし、バルサのサッカーは今でも美しいと思ってる。
バルサは私にとって永遠の「憧れ」であり、エスパルスは「身内」のようなものなのです(笑)そういう例えで行くと、バレンシアは外国に住んでる「遠い親戚」みたいなもんですかね(笑)

そんなバレンシアが今シーズンは厳しいスタートを切ることになり、ソシエダに大敗したりCLでPSGに負けたりしたのでガックリしてブログを更新する気にもなれなかったわけですが、それ以上に崖っぷち状態にいるのがエスパルスです(汗)
ヤバいです。ヤバ過ぎて思わず2ヶ月ぶりにブログを更新しています(逆に(笑)

開幕から4試合勝ちなしの17位(汗)降格圏です。
残留とか降格とかって言葉を使うのは時期的に早過ぎるとわかってはいても、私がエスパルスを見始めてから初めての降格圏内順位なので、動揺せずにはいられないわけです。

アウェイ2戦はいずれもドローですが、ホームでは開幕戦でマリノスに0-5という大敗を喫し、先週の土曜日の広島戦でも0-4と大敗しました。

マリノス戦では、日本代表クラスの選手たちとエスパルスの若手との力の差を感じ、あまりの「歯が立たない感」にむしろ悔しさもありませんでしたが、土曜日の広島戦では何か無性に悲しくて、試合の途中からあふれる涙を止めることが出来ませんでした。


この敗戦を受け、試合後に一部のサポーターたちが選手バスを囲み、監督や強化部長、社長などが出てきて話し合いが行われていました。
私は遠巻きに見ていたので詳細はわからなかったけど、サポーターたちからはゴトビ監督解任要求の声が上がり、クラブ側は「解任はない」という回答をした模様。
続きを読む

このページのトップヘ