フツーな主婦ゴトーのサッカーな部分

バレンシアと清水エスパルスをはじめ、ママさんサッカーや海外サッカーなど、サッカーの色んなことについてミーハーに語る主婦の日記。

2012年10月

リーガ第9節はアウェイ、バジェカスに乗り込んで、前節までで12位のラージョ・バジェカーノと対戦のバルサ。
ここ最近のバルサは守備陣にケガ人が多いせいで失点も多く、ぶっちゃけハラハラドキドキ試合が好きな私にとっては面白い試合が続いてるんですけども、さすがにラージョには楽勝でしょーと思って録画したまま見ずに後回しにしてました。

そうこうしてるうちにネットで「バルサ、ラージョに5−0で快勝!!」なんてニュースも見ちゃいまして、「あー、やっぱねぇ」と思い、なんならもう録画も見ずに今節は終了しようかとおもってたところです(えー

しつこいくらいに書いてますけども、バルサのゴール祭りみたいな一方的なゲームが好きじゃないんですよね。なんつーか、エスパルスとかバレンシアとかみたいに、財政難な中でも選手を売ったりどっかから掘り出しもんみたいな選手を連れて来たりしてなんとかやってるチームがバカ勝ちするのはホントに楽しいんですけども、バルサみたいに世界最高レベルの選手が集まるビッグクラブがバカ勝ちするの見ても「まあ、そうだよねー。そりゃ強いおねー。」くらいにしか思えない体になってしまったんです、あたし(は?

もちろん、相手がマドリーだったりチェルシーだったりユナイテッドだったりっていう、バルサと肩を並べるくらいの強豪とかだったらバカ勝ちサイコーなんですけどね(笑)
なんつーか、安定した強さより、強い中にも刺激が欲しいというか、スリルが欲しいというか。
まあ、リアルの人生は安定した穏やかな幸せが良いんですけどね(聞いてねえ)

というわけで、前節のデポル戦なんかはもう、めちゃくちゃ面白かったです。
バルサを本気にさせて欲しい。本気で焦るバルサが見たいんです(笑)
そうなった時の彼らのプレーはホントにすごいから。
いつかのCLチェルシー戦で、ゴールが割れなくて割れなくて苦しみ、最後の最後にイニエスタくんがゴール決めて号泣するほどに感動したあの時のような、どちらかというと、冷静さを欠いて選手それぞれの本能が垣間見えるくらいのバルサをみたいんですよね(笑)

加えて、相手チームがバルサという世界最高峰のチーム相手に善戦するのを見るのもすごく好きですね。とにかく、ピッチに立つ全員がピリピリと神経研ぎすまして良い緊張感の漂う試合を見るのが好きなので、一方が完全に折れてしまった様な試合は、たとえバルサのゴールがたくさん見れてもあまり楽しめないのです。

てなわけで、今節のラージョ戦は見なくてもいいかなーと思ったんですけど、せっかく録画してあったので一応流し見にすることにしました。

とりあえず、今節のスタメンを書いときます。

GKバルデス、DFモントーヤ、ブスケツ、マスチェラーノ、アルバ(81min→バルトラ)、MFソング、チャビ(84min→ドスサントス)、アドリアーノ、セスク、FWビジャ(63min→サンチェス)、メッシ、ペドロ

SUB:ピント、アウベス、バルトラ、イニエスタ、ドスサントス、サンチェス、テージョ


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています
続きを読む

バネガたんの復帰と、リーガビルバオ戦、CLバテ戦連勝など、明るいニュースが続いてるバレンシアですけども、今節はアウェイでベティスと対戦しました。

アウェイってことで今日のバレンシアは青ユニですよ。
青のバネガたんもかわええな(ベンチスタートでしたけどね)
実はバレンシアのユニはまだ1枚しか持っていなくて、しかも、地元のスポーツショップで旧モデル(Kappaだったころの)が激安(定価12000円くらいのレプリカユニが2900円くらい)でワゴンセールの中に埋もれてるのを発見して買ったので、背番号も入ってないんですよねぇ。
今年こそはバネガたんのネーム入りを買おうと思ってるんですけど、そもそも私はアウェイユニマニアなんで、一番好きだった黒のアウェイの時に買っとけば良かったです。
青も良いんだけど、いまいちバレンシアっぽくないのよねぇ。

って、そんなことはどーでも良いんですけども( ´ ▽ ` )ノ


前節ビルバオに勝ってやっと9位まで順位を上げて来たバレンシアですけども、今節の相手ベティスは8節を終えて4勝1敗3分の6位。
と言っても、ビルバオはまだバルサ、マドリーといった強豪とは対戦してませんからね。ベティスとは勝ち点差3なので、この試合に勝てば順位はまた一気に上がる可能性があるわけで、バネガたん戻って来たんだから勝てるんじゃね?いや、勝つっしょ!と思ってたんですけど、結果から言っちゃうと、0-1で負けましたです(泣)

とりあえず、そんなこの試合のスタメンは以下の通り。

GKジエゴ、DFジョナタン・ペレイラ、ラミ、リカルド・コスタ、シソコ、MFアルベルダ(46min→バネガ)、ガゴ、ティノ(84min→グアルダード)、ビエラ、ベルナト(63min→バルデス)、FWソルダード

SUB:グアイタ、バラガン、ビクトル・ルイス、バネガ、グアルダード、パレホ、バルデス

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています
続きを読む

バルサ戦同様、バレンシアもリーグ戦の感想を書く前にCLのバテボリソフ戦が終わってしまい、結果、前のバルサ記事と同じく、リーグ戦の感想とCLの感想を1回の更新で済ませるしかねえな、こりゃ…という、グダグダな感じになっております。

はい、こんにちわ、にわかサカオタ主婦兼ゆるブロガーのゴトーです。

試合日程がハード過ぎて更新が追いつきません。
そんな自分を「なんてゆるいんだ」と思いつつも、「まあいいか」と許してしまうダメな子です。

2試合分の感想をざっくりまとめて書く場合、そのどっちもが大して面白くもない内容だったらまあ、半分以上余談で済ませて、あと結果だけさくっと書いて終了って感じで良いんですが(えー)、今回はリーガのビルバオ戦もCLのバテ戦もどっちもエキサイティングな内容だったので、なんで真面目に更新しなかったんだ!!オレ!!とモーレツに反省しております。

てなわけで、まずはビルバオ戦についてざっくり書いときますね!(←全然反省してない)

ハビ丸が移籍し、「オレも他のチーム行きたいから契約更新しないぜ!」とか言っちゃったジョレンテが、移籍先が決まらなくて結局飼い殺しに合うという事態になってるビルバオは、今季はバレンシア同様スタートでつまずいて前節まででバレンシアよりも下の16位と苦しんでおります。

そんなビルバオをメスタージャに迎えての第8節。
ジョレンテの代わりに前線に立っていたのは、昨シーズンまでバレンシアでFWを務めていたアドゥリスでした。昨年までのホームスタジアムに、敵として、違うユニを着て立つというのはどんな気持ちなんだろうか。なんか、心なしかアドゥリスの表情にも哀愁が漂っているような(←そういう顔です)、切ない気持ちにさせられます。秋ってなんか物悲しいわね…(は?

そんなアドゥリスに前半19分に先制され、「こりゃ哀愁感じてる場合じゃねえ」と我に返るバレンシアの選手たち(いや、選手は感じてないから)

ビルバオももちろん勝ち点伸ばしたいだろうけど、バレンシアもホントにそろそろ調子上げてかなきゃいけなわけで、元チームメイトのアドゥリスに先に点取られてる場合じゃねえ!と叱咤したいところだったんですけども、この試合では、8ヶ月ぶりにベンチにバネガたんが戻って来てたので「そんなのいいから、バネガたんはよ!」という思いしか私の頭にはありませんでした(ええー

だって!!!!私の大好きなバネガたんがやっと戻って来たんですもの!!!
あの忌まわしい…というか、ドジッ子過ぎる「自分の車に足轢かれました(テヘペロ)」事件から8ヶ月。やっと!やっと!!!!バネガたんが復活したのれす!!!!

てか、離脱中もなぜか愛車のフェラーリが走行中に炎上してボウボウ燃えてる動画とかもネットで出回り、どんだけ車に祟られてるんだよ(汗)って感じのバネガたんでしたけど、なんとか復活できてホントに母さん嬉しいです(母さん?
もう金輪際車に近づくのやめていただきたい(え

って、そんな愛しのバネガたんがピッチに登場するのはまだまだ先なんですけども、アドゥリスに先制された7分後にバレンシアがPKゲットし、これをソルダードが決めて1-1と追いつきます。

しかしながら、このわずか4分後に、またしてもアドゥリスにゴール決められてスコアは1-2に。
このまま前半を終了します。

そして後半。
このスコアなら頭からバネガたん来るんじゃね?とワクワクしてたんですけど、お預けくらってバネガたんベンチのまま後半開始。
どちらも負けられない状況なので試合もどんどんヒートアップし、後半19分にはムニアインが負傷退場、その後、若手のアンドレ・エレイラが一発レッドの退場となりビルバオは苦しい状況に。

そして、とうとう、待ちに待ったそのときがやって参りました!!!

後半32分、マテューに代わり、バネガたんが登場です。
いやぁ、長かった。8ヶ月ぶりのバネガたんのユニ姿に、母さん目頭が熱くなりました。
夢にまで見た、バネガたん、ティノたん、ガゴのアルヘントリオの競演が、やっと!!やっと!!!この目で見られるわけです(TVだけど)

バネガたん、若干「顔丸くなった?」感が否めませんでしたけども、長らく戦列を離れてたのを忘れさせてくれるくらい、中盤でその存在感をアピールしてくれました。
バネガたん入った途端、攻撃の幅がぐっと広がった感じがしたもんなぁ。
ティノたんはどちらかというと力を抜いたプレーが出来ないタイプで、「いつでもどこでもオレ全力でボール蹴るぜ!」って感じなんですけど、バネガたんはプレーに緩急がつけられるから攻撃にリズムが出るんですよね。
ガゴの敵と敵の間を貫く縦パスも面白いんですけど、あればっかやってるとそのうち通らなくなるしね。
だから、この3枚が中盤に揃うと豊富な攻撃のバリエーションが出来るわけです。

数的有利な上にバネガたんが入ったことでバレンシアの攻撃は活性化され、ビルバオゴールに何度も襲いかかりますが、そう簡単には負けられないビルバオも必死でゴール前を固め、なかなか得点できず。

残り時間もあとわずかとなり、ああー、面白い試合してるのに、相手10人しかいないのに、もしかしてコレ負けるのかなぁ…と弱気になりかかったその時!!!
後半43分にティノたんが同点弾決めてスコアは2-2に!!!
あんまり覚えてないんですけど、誰かのシュートのこぼれをティノたんが押し込んだ形だったと思います。

そしてこの後さらに、この日何度もセットプレーを頭で合わせて惜しいシュートを放っていたバルデスが、やっとそのヘディングシュートからゴールをゲット!!
なんとなんと、試合終了間際に勝ち越し!!!!!!

これにはもう、選手もベンチもメスタージャの観客も、優勝したかのような大騒ぎとなってました。
もちろん、我が家もです(笑)
バネガたん復帰試合がこんな劇的勝利なんて。
間違いなく私の心の「忘れられない試合ベスト10」に入りましたよ、これは。

この勝利により、バレンシアはようやくリーガで9位にまで順位を上げています(ホッ)

さて、今回もまた前置きが長くなり過ぎましたけども、ここからは欧州CLバテボリソフ戦についてざっくり書いときます。

とりあえず、バテ戦のスタメンは以下の通り。

GKアウベス、DFジョアン・ペレイラ、ラミ、リカルド・コスタ、シソコ、MFアルベルダ(72min→バネガ)、ガゴ、ティノ、フェグリ(82min→バラガン)、グアルダード、FWソルダード(77min→ジョナス)

SUB:グアイタ、ジョナス、バネガ、バラガン、ビエラ、ビクトル・ルイス、ベルナト

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています
続きを読む

先週末のリーガの試合のマッチレポを書く前に、欧州CLグループリーグのセルティック戦が終わってしまいました。マジこの時期の日程はハードですわ。
選手だけじゃなく、サカオタブロガーに取ってもめっちゃハードですわ。
てなわけで、リーガ第8節のデポル戦の感想も一緒にざっくり書いときます(何この雑な感じ

しかしこの試合は色んな意味で面白かったですね。
勝ったとは言え、ここ数年のバルサからは考えられない様なハチャメチャな内容でした。
ええ、私はめちゃめちゃ楽しかったんですけどね(笑)

デポルと言えば、今シーズン、バレンシアも3−1から3−3の引き分けに持ち込まれて勝ち切れなかったという、強いんだか弱いんだかよくわかんないチームなんですけども、思うに、失点してからスイッチ入るタイプのチームなんだと思いますね(笑)
バレンシア戦にしろ、今節のバルサ戦にしろ、早い時間に2失点くらいして(バルサ戦にいたっては前半18分くらいで3失点)、見てるこっちの気持ちが折れるくらいにゆるゆるなサッカーしてたかと思ったら、「ちょ!!やべええ!オレ今から本気出す!!」って感じで急にスイッチが入って、後半に向かってドンドン良くなってくんですよ。
そんじゃあ最初から本気出せって話なんですけどね(笑)

てなわけで、今節、前半3分にアルバが、8分にテージョ、18分にメッシが得点して3−0になった時点で、あーもしかしてゴール祭りのバカ試合なのかなぁと見るのをやめようとしてた私でした(笑)

ところがところが、あんな、違った意味のゴール祭り&バカ試合になろうとは…(笑)

いろいろてんこ盛りすぎる試合だったので内容は省きますけども、デポルが前半に0−3から2−3と追いあげた時には「しゅげえええええええ」と大興奮でした(笑)
この後メッシにゴール決められて、前半だけで4−2というバカスコア(笑)
前半だけで6ゴールって、ゴール祭りと言えばゴール祭りっすな(笑)

しかもコレだけで終わらず、後半、マスチェのまさかの退場や、アルバのまさかの(きれいな)オウンゴールなど盛りだくさんな内容で、終わってみたら5−4というギリギリのスコアでバルサが勝ちました(笑)わははは(笑)

まあ、アビダル、プジョル、ピケとCBにケガ人集中してるからしょうがないんですけどね。マスチェもソングも淡々とCBやってますけども、この2人だってほんの少し前まではプレミアでアンカーやってた人たちなんだから。

バルササポの皆さんはどう感じたのかわかんないですけど、個人的には点の取り合いこそスペインサッカーという感じがして面白いです。スペイン代表とかって元々そんなに守備が良かったイメージがなくて、「点取られたら取り返せばいいじゃない」ってサッカーしてる印象で、そこに惹かれたというのもあるんですよね。
1試合の中で相手を引き離したり、また追いつかれたり…というスリルと興奮が何度も味わえる試合は、私的には得した気がします。まあ、結果的に勝てないとがっくり来ますけども(笑)

しかしリアソールは良い雰囲気でしたね。サポがめっちゃ盛り上がってて楽しそうでした。デポルのあの粘り強いサッカーがサポを惹き付けるんだろうなぁ。


てなわけで、前節のお話が長くなりましたけども、CLセルティック戦のお話にうつります。

とりあえず、今節のスタメンは以下の通り。

GKバルデス、DFアドリアーノ、バルトラ、マスチェラーノ、アルバ、MFソング、チャビ、イニエスタ、FWサンチェス(80min→ビジャ)、メッシ、ペドロ(76min→テージョ)

SUB;ピント、セスク、ビジャ、ドスサントス、セルジ・ロベルト、テージョ

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています。
続きを読む

さて、クラシコに続き、先週末行われたバレンシアダービーに関してもさくっと書いときます。会場はレバンテホームのシウダ・デ・バレンシアでしたけども、アウェイでも移動が楽で良いですよね!(笑)

レバンテと言えば、10/11シーズンに2年ぶりにプリメーラに昇格してきたチームですけども、バジェステロスやフアンフランと言った守備陣がいずれも30代後半という年齢層の高いチームで、てっきり1年でセグンダに帰って行くのかと思ってたら、10/11シーズンはなんとか14位でフィニッシュして残留し、昨シーズンはなんとバレンシアとCL圏内を最後まで争うという大健闘でした。
守備陣は年齢層高いですけど、いずれも屈強な大男って印象で、守備は結構固いんですよね。

レバンテは今年はELに出場してますけども、グループステージの2試合を終えて1勝1敗でハノーファーに次いで2位につけています。レバンテのいるグループLは、ハノーファー、トウェンテ、ヘルシンボリといった顔ぶれで、GL初戦でヘルシンボリに勝ち、2試合目でハノーファーに負けた模様。レバンテも嫌いなチームじゃないので、ELで頑張って勝ち進んで欲しいなぁと思います。

そんなレバンテは、リーガでは第6節までで2勝1分3敗で12位。
バレンシアはかろうじて負けが1個少ない2勝2分2敗で10位でしたけど、結果だけ先に言っちゃえば、このダービーでレバンテに負けて順位が逆転してしまいました(T_T)

逆転どころか、バレンシアは10位から一気に14位まで落ちちゃったよ(号泣)
この状態でCLも戦って行かなきゃいけないわけで、どっちもグダグダになってリーガで残留争いするくらいなら、CLはもうさっさ捨ててくれてよいわーと弱気になってしまいます(汗)
とにかく、ケガ人が早く復帰しないと、この厳しい状況が長く続くと、今主力でやってる選手たちまで壊れそうでコワいです。

てなわけで、とりあえず今節のスタメン。

GKグアイタ、DFジョアン・ペレイラ(75min→バラガン)、ラミ、ビクトル・ルイス、シソコ、MFガゴ、ティノ(62min→パレホ)、ジョナス(67min→バルデス)、ビエラ、グアルダード、FWソルダード

SUB:ジエゴ・アウベス、マテュー、デルガド、ベルナト、バラガン、バルデス、パレホ

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています
続きを読む

このページのトップヘ