フツーな主婦ゴトーのサッカーな部分

バレンシアと清水エスパルスをはじめ、ママさんサッカーや海外サッカーなど、サッカーの色んなことについてミーハーに語る主婦の日記。

2011年05月

10/11欧州チャンピオンズリーグはバルサの優勝で幕を閉じました。

昨日は朝3:15に起きてスカパーのLIVE中継を見ました。
バルサvsユナイテッドと言えば、2年前のローマで行われたCL決勝と同じカードでしたけど、ぶっちゃけ、あの時よりも今のユナイテッドにはそんなに脅威を感じてなかったので、そんなに緊張はしてなかった。

でも、2年前のユナイテッドはルーニー、クリロナ、テベスの超高速カウンターで無敵のイメージで、バルサも今よりももっとカウンターに弱い感じだったので「もしかして負けるんじゃないか…」ってすっごく不安だったのよね。だってホント、ボール奪った後にルーニー、クリロナ、テベスが同時に走り出すあのカウンターは鳥肌もんだったもん。
それに比べると、今季のユナイテッドはプレミアで優勝したものの、「他者を寄せ付けない強さ」みたいなものはあの頃よりは感じなかった。
だからあまり負ける気はしていなくて、試合前の私の予想スコアも「3-0」とかなり強気でした(笑)

それはおそらく、クラシコ4戦というめちゃめちゃ厳しい試合を終えた後だったからかなぁと思う。やっぱり自分の中ではマドリーが一番こわくて、一番負けたくない相手。
あのクラシコ4戦の間は精神的にかなりキツかった。
決勝の相手がもしもマドリーだったら、きっと前の日から眠れないくらい緊張したんだろうと思う。
あ、それは決してユナイテッドを甘く見てる訳ではなく、「負けたくない!」という気持ちがユナイテッドに対してよりもマドリーに対しての方が強いからだと思う。
極端に言えば、ユナイテッドならもし負けたとしてもあきらめがついたかも…ということ。それだけ、マドリーには負けたくないんです(笑)

あれ?なんか話がそれましたけど…(笑)

とりあえず、この試合のスタメンを書いときます。

GKバルデス、DFアウベス(87min→プジョル)、マスチェラーノ、ピケ、アビダル、MFチャビ、ブスケツ、イニエスタ、FWペドロ(90min→アフェライ)、メッシ、ビジャ(85min→ケイタ)

SUB:オイエール、プジョル、ケイタ、アドリアーノ、チアゴ、アフェライ、ボヤン

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!
続きを読む

ここんとこ随分とブログを放置しております。ゴトーです。

バルサが優勝決めたリーガ第36節の時点で私の海外サッカーシーズンが終わってしまい、その後の残り2試合は録画したまま見ておりません(えー)
まあ、燃え尽きた感があるのは、バルサが無事リーグ優勝を決めてホッとしたこともあるんですけども、それとは別に、エスパルスが前節神戸にボッコボコにされたのをスタジアムで、目の前で見たショックからなかなか立ち直れなかった…というのもあります(汗)

アウスタに通い始めてまだ4シーズン目のにわかなんで、長くサポやってる方たちはもっともっと悔しい試合を目の当たりにして来ているのでしょうけど、私がアウスタで見た試合の中ではこの神戸戦が一番ショッキングだった。
まあ、これまで目の前でボコされた試合がなかった…っていうのもある意味ラッキーなんでしょうけどね。

それに、後半の3失点はしょうがないとは思う。
ゴトビさんは0-2で負けてる試合を巻き返そうと攻撃的な采配をした訳ですからね。
前がかりになれば当然後ろは弱くなる訳で。
でも、「どうせ負けるなら何点取られても同じだから点取りに行けよ」っていう外国人監督らしい采配は、私は好きです(笑)

前半の2失点に関しては、ケガの平岡に変わってCBに入ってた岡根とボスナー、GK海人の連携が最悪だったのと(汗)、これの前の試合では効いてた岩下のワンボランチが全然機能しなかったのがうまくいかなかった原因だと思う。
神戸が最終ラインに厳しいプレスをかけてるのに対してボランチの岩下のフォローが少なく、結果苦し紛れにGKにバックパス…という場面が多くてヒヤヒヤしてたら、案の定バックパス失敗からGKのいない無人のゴールに先制点決められるという…(汗)しかも、私は見てしまいました。無人のゴールにシュートを決められた瞬間の岩下の「チッ!何やってんだ?」と言わんばかりのふてくされた顔を。。。
試合後にゴトビさんも「GKのミスから失点して…」とは言ってましたけど、あそこはボスナーとかイワシとかがゴールの中にカバーに入るべきだったと思うよ。テルならきっとカバーに入るかその指示を出してたんじゃないか…って思っちゃった(涙)

…とまあ、色々考えてはしばらく凹んだりしてたので、ぶっちゃけ、今節の大宮戦も勝てるなんて全然思ってなくて、むしろ「今日はボコされませんように」とサッカーの神様にお願いしてたアタシでした(えー)

ってことで、ちょっと今さらですが、エスパルスvsアルディージャの感想をさくっと書いとこうと思います。

この試合のスタメンは以下の通り。

GK碓井、DF辻尾、岩下、ボスナー、宏介、MF伸二(73min→伊藤)、村松、アレックス(82min→小林)、FW大前(64min→枝村)、高原、高木俊幸

SUB:海人、平岡、真希、枝村、小林大悟、永井、伊藤翔

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!
続きを読む

昨シーズンから参加しているママさんサッカーのリーグ戦が今季も始まりました。
12日に予定されていた開幕戦は雨で延期になり、昨日の第2節が事実上の開幕戦。
私たち初心者チームの2年目の挑戦がいよいよ始まりました。
2年目ともなると「初心者だからしょうがない」とばかりは言ってられませんけども、それでもやっぱり、他のチームの方達は10年とかそれ以上リーグ戦を戦って来てる人たちばかりですから、2年目の私たちなんてヒヨッコにはかわりない訳で(笑)
昨年は13試合で4勝しかできず、14チーム中10位という成績でしたけども、今季は一つでも多く勝って、一つでも順位を上に上げたいな…と思っております。

てなわけで、今季もママさんサッカーの反省文をつらつらと書いて行こうと思います。
ゴトーのへたれっぷりにイラッと来るかもしれませんけども(笑)、そこはまあ温かい目で見守ってやってください(笑)

ちなみに、ここしばらく、実はサッカーに対するモチベがダダ下がりでした。
原因は先週のエスパルスの試合…(汗)
ホーム・アウスタで神戸にボコボコにされたあの試合です。
あれをスタジアムで見て、そのあまりの悲しさ、切なさに、その後、大好きなバルサの試合もバレンシアの試合も見る気になれず、このブログすら開く気になれず、ほとんど抜け殻のようになってました(汗)
負けたことよりも大量失点したことよりも、チームのバラバラ感がショックだったというか…。
まあ、今年できたばかりのチームですし、今はまだ手探りな状態でしょうがないのかもしれない…と頭ではわかってるんですけども、それでもやっぱり、目の前であの試合を見せられたのは辛かった(T_T)

これじゃいかん!と思ってあえてあの試合を振り返ってブログを更新しようと思ったんですけども、書いてるうちに本一冊できるんじゃねーかってくらい長くなって来て(いや、そんなに長くないですけど)どうにもまとめられなくなったので、下書き保存で放置してあります(えー)
まあ、気が向いたらUPします。気が向いたら(笑)


さて、本題に戻ります。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!
続きを読む

リーガ・エスパニョーラもいよいよ終盤。
バルサは今節、アウェイ・シウダード・デ・バレンシアに乗り込んで、13位のレバンテと対戦しました。

なんと、いよいよ今節バルサは引き分け以上でリーガ優勝が決まるとのことで、「そりゃあLIVEで見なきゃなぁー」と思ってはいたんですけども、全っ然起きられませんでした(ええー)

ぶっちゃけ、クアトロクラシコが終わってからすっかり燃え尽き症候群になってまして、前節のバルセロナダービーも見たんですけどあんまり内容よく覚えてないんですよね(で、ブログ更新できませんでした:汗)

てなわけで、朝起きてTVつけたら後半30分くらいで、その時すでにスコアは1-1。
このままいけばバルサは優勝だけど、残り時間がまだ15分もあるからわかんないぞ!!…なーんて思ったのもつかの間、なんかバルサの選手たちはすでにあまり攻める気もなさげに後ろでずーっとボール回してるし、レバンテの選手たちもボール奪いに行こうともしないし、おまけにカメラは「優勝を待ちきれない!!」って感じのバルサベンチばっか映してるし、スタンドからは「カンピオーネ!カンピオーネ!」って歌が聞こえるしで、なんともゆるい感じの時間帯から見たのでした。あはは(汗)

それでも、試合終了して「優勝ーーーーーーー\(^o^)/」ってなって、ピッチに流れ出て喜ぶ選手たちを見たらちょっと感極まって泣きそうになった。
輪になって小躍りして喜ぶ選手たちの横で、ペップがレバンテの選手一人一人と握手してたのが印象的だったな。

とりあえず、この試合のスタメンは以下の通り。

GKバルデス、DFアウベス、ピケ、マスチェラーノ、アビダル(62min→フォンタス)、MFブスケツ、チャビ、ケイタ、FWアフェライ、メッシ、ビジャ(85min→ペドロ)

SUB:ピント、フォンタス、バルトラ、チアゴ、イニエスタ、ペドロ、ジェフレン

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!
続きを読む

怒濤のクラシコ4連戦最終章、欧州CL準決勝2nd legの感想をやっと書きますよ。

若干「今さら…」って気もしますけども、試合直後の興奮した状態だとブログでどんな爆弾発言しちゃうかわかんなくて危険だったので、自分もですけど周りの熱も冷めてきた頃にひっそり更新することにしました。
そうしないと前記事にみたいにとんでもないことになるからなー!あはは(←自虐ネタ)

さて、クラシコ最終節はホーム・カンプノウでの一戦。
スカパーの実況&解説は倉敷さんと金子さんというバルサTVコンビだったので、なんかちょっと緊張緩みましたね(笑)というか、1st legでアウェイゴール2つ取ってすでに勝ってるからか、画面の中のカンプノウの空気も若干ゆるかった気がします(笑)
実際、いくらマドリーが強くても、カンプノウで0-3で負けるとは思ってなかったしね。お客さんもそんな感じだったんでしょうね。
それにしても、バルサTVならともかく、CLの解説で倉敷&金子コンビは良いのか…ってちょっと思いましたけど(笑)、まあ、2人ともいつもほどはめ外してなかったようで良かったです(笑)

とりあえず、この試合のスタメンを書いときます。

GKバルデス、DFアウベス、ピケ、マスチェラーノ、プジョル(90min→アビダル)、MFブスケツ、チャビ、イニエスタ、FWペドロ(90min→アフェライ)、ビジャ(73min→ケイタ)、メッシ

SUB:オイエール、アビダル、フォンタス、ケイタ、チアゴ、ジェフレン、アフェライ

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!
続きを読む

このページのトップヘ