フツーな主婦ゴトーのサッカーな部分

バレンシアと清水エスパルスをはじめ、ママさんサッカーや海外サッカーなど、サッカーの色んなことについてミーハーに語る主婦の日記。

2011年02月

CLアーセナル戦の遠征の疲れを癒す間もなく、アスレティック・ビルバオをホーム・カンプノウに迎えてのリーガ第24節。

この時期はいつもこんな感じでハードですよね。
でもって、いつも結構苦労するんですよね(汗)

ええ、実を言うとアタシもアーセナル戦の疲れが癒えてないんですよ。
肉体的な疲れじゃなくて、精神的な疲れが…(T_T)
あの敗戦で傷ついたアタシのハートを癒すにはやっぱバルサの快勝しかないんですけども、今節のビルバオ戦では癒されるどころかさらに重症化した感じでした(えー)

結果から言っちゃうと2-1で勝ち点3ゲットしたし、試合の中でメッシたんやイニエスタくんの神ドリ突破(訳:神業的ドリブル突破)も見れた。
でもなんつーか、全体的に疲れてた感は否めない。
メッシたんは「いつもならゴール前に入ってくる」って場面でも後ろの方でとぼとぼ歩いてたし、あのチャビがトラップミスしたりパスミスしたり(汗)
ビルバオの守備が良かったこともあるけど、ペドロもいつもに比べるとマーク外す動きが足りなかったと思う。ビジャはシュートふかしてるしさ(T_T)

でもって、バルデスが練習中にケガしたとかでGKがピントさんなのに、プジョルがいなくてCBがブスケってなんじゃそりゃ(汗)
まあ、ジョレンテがデカいからそこにブスケを当てて来たんでしょうけど、なんでミリート使わないんだろう。

とりあえず、この試合のスタメン。

GKピント、DFアウベス、ピケ、ブスケツ、アビダル、MFマスチェラーノ(63min→マクスウェル)、チャビ、イニエスタ、FWペドロ(92min→アフェライ)、メッシ、ビジャ(83min→ケイタ)

SUB:オイエル、ミリート、アドリアーノ、マクスウェル、ケイタ、ボヤン、アフェライ

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!
続きを読む

昨日は国内のあちこちでプレシーズンマッチが行われたようですね。
Jリーグ開幕もいよいよだなぁってワクワクします。

我らが清水エスパルスも、横浜マリノスとSDT(静岡第一テレビ)カップで対戦しました。私は健太エスパルスからサポになったので、チームが大きく変わるという経験はこれまでしてないんですよね。
選手の入れ替わりは毎年多少はあっても、監督が変わり、選手もこんなにも大幅に入れ替わるのは初めての経験です。

てなわけで、これまではプレシーズンマッチにはあまり興味はなかったんですけども、今回はゴトビ新監督、新生エスパルスの初陣ということでとても楽しみにしていました。

ゴトビさんと言う人は、正直エスパルスの新監督して白羽の矢が立つまでは全く知りませんでした。名前を聞いたこともないし、もちろん顔を見たこともない。
ぶっちゃけ、どこのどいつだよ…って思ってたんですけども、サポーターズサンクスデーでゴトビ監督を初めてじっくり見たとき、何か、すごく惹き付けられるものを感じたんですよね。
まあ、ビジュアル的に好みのタイプってのもありますけども(え?)
笑顔が素敵で考え方もポジティブで、それでいてサッカーは結構攻撃的らしい(笑)
そんなゴトビさんを見ただけで、なんか新生エスパルスがすごく楽しみになってきた。

…と同時に、もちろん、チームとしてしっかり出来上がるまでは辛抱強く応援する覚悟もできてる。
個人的には、今すぐ優勝なんて思ってない。
降格争いも覚悟してる。
今季は、ゴトビ監督と新生エスパルスのメンバーが、じっくりチームづくりをして成長していくところを見守りたいと思っています。

てなわけで、とりあえず今節のエスパルスのスタメンを書いときます。

GK山本海人、DF村松、平岡、ボスナー(67min→永井)、太田、MF大前、岩下、枝村、小野(89min→山本真希)、伊藤(80min→岡根)、FW高原

SUB:武田、児玉、岡根、山本真樹、永井

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!
続きを読む

さて、待ちに待った大本命カードのバルサvsアーセナルの試合が行われたわけですが…。

はぁぁぁぁぁぁ(T_T)

なんつーか、ため息しか出ません。

2人とも大好きなのよ。
でもね、でも…、アタシ気付いてしまったの。
やっぱり、アーセナルくんよりバルサくんの方が好きなのーーー!
だから、だから…、アーセナルくん、さよなら…。

…てな感じです(←わかりにくい)

自分の中ではこれまで、バルサもアーセナルも甲乙つけがたいくらい両方好きだと思ってたんですけど、今日の試合ではっきりわかってしまいました。
やっぱりバルサの方が好きなんだな、あたし。

去年のCLでバルサとアーセナルが対戦したとき、自分の中では「どっちが勝ってもうれしいだろうな」って思ってたんですけど、今回も同じスタンスで見たはずが、アーセナルがバルサに勝っても全然うれしくなかった(汗)
というか、アルシャビンに2点目決められた時には「この世の終わり」みたいな絶望感に襲われました(汗)
つまりそういうことなんですね。
結局あたしは、アーセナルよりバルサの方が好きなんだな。

まあ、さよならって、別にアーセナルが嫌いになったわけではないですけどね。
ただ、自分の中での優先順位が明確になった…というだけの話です。
ええ、これからもアーセナルの試合は見ますよ、多分。

てなわけで、あんまり振り返りたくもないですが、今日の試合を大ざっぱに振り返ってみようと思います。大ざっぱに(えー)

とりあえず、今節の両チームのスタメンは以下の通り。

■ホーム/アーセナル
GKスチェスニー、DFエブエ、ジュルー、コシェルニー、クリシ、MFウィルシャー、ソング(68min→アルシャビン)、セスク、ナスリ、ウォルコット(76min→ベントナー)、FWファン・ペルシ

SUB:アルムニア、スキラッチ、デニウソン、ロシツキ、ギブス、アルシャビン、ベントナー

■バルサ
GKバルデス、DFアウベス、ピケ、アビダル、マクスウェル、MFブスケツ、チャビ、イニエスタ(89min→アドリアーノ)、FWペドロ、メッシ、ビジャ(68min→ケイタ)

SUB:ピント、ミリート、アドリアーノ、マスチェラーノ、ケイタ、アフェライ、ボヤン


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!
続きを読む

さあ、いよいよ始まりましたよ、欧州チャンビピンズリーグの決勝トーナメント。
チャンピオンズリーグと言えどたかがカップ戦…って言う人もいますけども、私はやっぱり欧州各国の強豪チームが対決するこの大会が好きです。
めちゃめちゃワクワクします。

とりあえず、決勝トーナメント初日に行われた2試合の結果は以下の通り。

バレンシア 1-1 シャルケ04
ミラン   0-1 トッテナム

ミランvsスパーズはまだ見てないんですけども、ミラン負けたんですねぇ。
まあ確かに、今年のスパーズ面白いサッカーしてるもんなぁ。

でもって私は、バルサの次にバレンシアを応援してる訳なんですけども、そのバレンシアはシャルケに1-1で引き分けてしまいました(>_<)
今節はメスタージャでのホーム戦だったので、シャルケにアウェイゴールを奪われるのだけは避けたかったんですけどね。まあ、負けなかっただけ良かったけど。

シャルケと言えば日本代表の内田篤人が所属するチームですから、シャルケを応援する日本人も多かったんじゃないかと思うんですけども、すみません、私は全力でバレンシアを応援しておりました。
ただ、海外の、それも、欧州CLの決勝トーナメントという大舞台に日本人が立つことはすごく誇らしいことなので、個人的には内田とバレンシアのマタという、「うちまた対決」を楽しみにしてたんですけども、残念ながらケガで戦列を離れているマタはこの試合にも間に合いませんでした。

てなわけで、バレンシアvsシャルケの試合の感想をさくっと書いときます。

この試合のバレンシアのスタメンは以下の通り。

GKグアイタ、DFミゲウ、ナバーロ、コスタ、マテュー(78min→ジョルディ・アルバ)、MFバネガ(68min→ホアキン)、トパル、ティノ、ドミンゲス(68min→ビセンテ)、FWソルダード、アドゥリス

SUB:セサル、ホアキン、ブルーノ、ビセンテ、パブロ、マドゥーロ、ジョルディ・アルバ

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!
続きを読む

1月中旬から始まったママさんサッカーのトーナメント大会が、先週金曜日の祝日に終了。私たちのチームは準決勝に勝って決勝にすすみましたが、惜しくも破れ、準優勝に終わりました。

そんな準決勝と決勝の試合についてさくっと書いとこうと思います。

このトーナメント大会は、ママさんリーグに登録している全14チームの勝ち抜き戦で行われるのですが、私たちのチームは初戦を2-2、2回戦を0-0のドローで、いずれもPKで勝ち抜けました。

ここまでの試合は中学校の土グランドで平日の夜に行われていましたが、準決勝からは場所を蛇塚グランド(以前エスパルスの練習場にも使われていた芝グランド)に移し、11日の祝日を使って行われました。

蛇塚と言えば思い出すのは、一昨年の11月。
私たちがママさんチームとして初めての公式大会に参加した場所です。
相手は清水地区のチームからうまい人たちばかりが集まった選抜チーム。
一方の私たちは、経験者がほぼ0の全員ど素人というメンバーで挑み、0-16(←くらい。覚えてないレベルの大量失点)で負けたのでした(汗)

そのとき私は、悔しくて悔しくて、試合終了の笛と同時に嗚咽をもらして泣きました。
スコアを見てもわかるように、誰の目から見ても天と地ほどのレベルの差があって、勝てないのなんて当たり前…ってことも試合に出る前からわかっていたはずなのに、悔しくて悔しくて涙が止まらなかった。
相手チームの人たちだけでなく、同じチームのメンバーたちでさえも「なんでゴトーさん泣いてるの?」って顔して私を見てたけど、なぜだか私は悔しくて悔しくてたまらなかった。全然同じ土俵に上がれてないってわかってても悔しくて涙が止まらなかった。

そんな、悔しい思いがいっぱい残ってる場所が今回の準決勝、決勝の会場ということで、個人的には、あの時からもっと成長した自分と、もっともっと成長したチームを周りに見せたかった。
そんな強い思いがあったのでした。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!
続きを読む

このページのトップヘ