11/22(日)、アウェイでの甲府戦を最後に、2015シーズンが終了しました。

これでエスパルスは、しばしの間J1とさよならです。


私の中では10/24のホーム最終戦で今シーズンは終了したような感覚だったので、それ以降のアウェイ戦はあまり気負わず見ていました。

降格が決まった瞬間から、「一刻も早く次のシーズンに向けて動きだすべき!」と思ったけど、そうは言っても監督やスタッフや、選手だってこの先入れ替わる訳で、人事が落ち着くまでは焦ってもしょうがない。

今はただ、選手達が来シーズンに向けて各々身の振り方を考える時間なんだろう…という風に勝手に思いながら、残りの試合を見守りました。


最終節の甲府戦は、久しぶりに楽しいサッカーが見られた。

今シーズンはずーっと、ピッチに立ってる選手達から「共通意識」が感じられず、「どうしたいんだろう?」という迷走感があった試合が多かったけど、最後の最後にやっと、選手たちが「同じサッカー」をやろうとしてるなぁと思えた。


航也が降格前にJ1で素晴らしいゴールを決めることができたのも嬉しかったし、ここ数試合で白崎がゲームの中心と言っても過言ではないくらいの頑張りを見せているのはほんとに頼もしい。澤田くんがサイドでボール持つと何か仕掛けてくれるんじゃないかとワクワクするし、サイドバックながらたくさんの攻撃の引き出しを持ってる福ちゃんも見ていて楽しい。


こんな風に思えるのはどのくらいぶりかなぁ…なんてことを思いながら見てたけど、最終的には追いつかれて終了っていうね(笑)

まさに今シーズンの「持ってなさ」を象徴するような終わり方でしたね(笑)


さて、2015シーズン終了ということで、1年を振り返ってみようかと思いましたが、振り返ってみても何もない!(え?)

ただただ、辛い一年で、その辛さに関しては過去記事にもつらつらと書いてあるので、あえてほじくり返すのはやめることにします(笑)

もう前だけ向いていく(笑)


ただ、一個だけ自分メモ的に書いておくと、今年の夏くらいにモーレツに奥歯が痛くなって歯医者に行ったことがありまして、てっきり「虫歯」だと思ったら「歯のくいしばりすぎ」で歯茎と顎の筋肉が痛んでいることによる歯痛でした。

歯医者の先生曰く、原因は「主にストレス」ということ。

個人的には、ストレスの主な原因は「今季のエスパルスの不調のせい」だと思っております(笑)

歯を食いしばらなきゃ見ていられないような試合ばっかりだったしな(確信

その証拠(?)に、降格が決まっていろいろ吹っ切れてからは奥歯の痛みがほとんどなくなりました。

エスパルスに治療費請求したいです(こら



甲府戦の翌日の23日には、ジュビロ磐田が大分を破ってJ1自動昇格を決めました。

この試合は本当に熱かった。

同時刻に行われていたアビスパと岐阜の試合結果も気になって、なんつーか、今季一番のワクワクドキドキ感だった気がします(笑)


エスパサポの中にもジュビロに対していろんな感情があって、「ジュビロ憎し」な人もいれば、「エスパルスもジュビロも好き」という人もいる。

私はどちらかというと後者で、もちろんエスパルスが一番好きなんだけど、ジュビロはジュビロで同じ静岡のチームとして、他のJチームに比べると気になるし興味もある。

上田くんとか小林祐希とか好きだし、ジェイさんもカミンスキーも好きだし。


だから、この試合も「ジュビロ頑張れ!」って気持ちで見てたし、試合終了間際に大分に追いつかれた時には絶望して、そして、その直後に小林祐希が勝ち越しゴール決めた時には鳥肌が立つほど興奮した。



だけどね…


こんな熱い試合を見てても、ジュビロを応援してるつもりで見てても、心のどこかでずっと「来年エスパルスはこんなに勝てるだろうか」「こんなに気持ちの入った試合を見せてくれるだろうか」って思ってる自分がいて、勝った瞬間に喜びの涙を流すジュビロサポを見て、「よかったね」って思う反面、エスパサポはこの歓喜の瞬間を迎えるまでに何年かかるだろうか…って不安がどんどん大きくなってた。


J2行くの怖いなって、あらためて思った。

そして、磐田の昇格は嬉しいんだけど、やっぱり悔しいと思った。

これ正直な気持ち(笑)


健太エスパルス時代に初めて静岡ダービーを見た時の、超満員で、張り詰めて殺伐として、でもすごい大歓声に包まれたスタジアムのあの空気がいまでも忘れられない。「狙うは磐田の首一つ」なんてのぼり旗がはためいてるのをみて、「これは合戦だ!平成の合戦だな!!」なんて、大興奮したことを覚えてる。


そういう静岡ダービーをまた見たい。

J2じゃなくてJ1の舞台で見たい。


この1~2年で私は「サッカー王国」という言葉が嫌いになったけど、いつかまたJ1で静岡ダービーができる時がきたら、それが「王国の復活のとき」なんじゃないかな…と思う。


田坂さんの後任に、小林伸二監督の就任が決まった。

正直、どんなサッカーする人なのかもわからないけど、個人的には、清水にも静岡にも縁もゆかりもないという経歴を見て、それだけでちょっとホッとした。監督にしろクラブスタッフにしろ、地元の関係者はなるべくもう関わらないでほしいというのが本音。

内部からの情報が外に漏れたり、外からいらぬ口出しをされたり、そういうのにクラブや選手が影響されるのは本当に良くないと思う。

エスパルス以外の静岡のサッカー関係者にもいろいろ「派閥」的なものがあるわけで、地元の関係者がエスパルスに関わればその「派閥」関係のめんどくさいことも色々影響してくる可能性もあるかもしれないし(あくまで推測です)


レジェンド監督が一概に悪いと言ってるわけじゃない。

地元の大切なレジェンドに指揮を任せるなら、それなりの舞台を用意してやろうよ…と思うのだ。

「降格の危機が迫ったチーム」じゃなくて、「優勝するために指揮を執ってもらう」くらいの舞台を。


だから、今はとりあえず、経験豊富な監督、スタッフに来てもらって、まずチームを立て直してもらうことが先決だと思う。

初めてのJ2で、これから始まる新生エスパルスがどこまで通用するのかもまだ未知数。

だから、「絶対1年でJ1復帰してくれ!」なんて、私はあまり思っていない。

もちろん、これを目標として掲げることは当然のことだし、「無理だよ」とも思ってはいない。

だけど、目先の目標はJ1復帰でも、エスパルスはその先もずっとずっと続くのだから、復帰した後にもJ1でしっかり戦っていけるというところまでを見据えたチーム作りをしていかないといけないと思う。

そうすれば、自ずと「昇格への道」は見えてくるはずだから。


それにはまず、J2で常に上位で戦えるようにならなければいけないし、プレーオフに勝って昇格ではなくて、優勝して昇格するくらいのところを目指していかないといけないと思う。そうなるのには、正直1年では時間が足りないような気がしてる。

磐田ですら2年かかってるしね。

とは言ってもまあ、今のチーム状況を見てそう感じてるだけで、自分でもさっき書いたように、この先、選手も入れ替わって新しいチームができるわけだから、その先のことはまだなんともわかりませんが。


これまでもずっと、J2の試合をいろいろ見てきたけど、J1のサッカーとJ2のサッカーは違うと思う。

技のJ1、スピードのJ2というイメージだ。

海外サッカーに例えると、J1がリーガ・エスパニョーラで、J2がプレミアリーグって感じ。

J2の試合を見てると、どこも本当によく走る。堅守速攻のチームが多い印象で、攻守の切り替えもめまぐるしい。

今年は、J2の試合を見るたびに「今のエスパルスではどこにも勝てる気がしない」って思ってた。

でも、ここでこういうサッカーに勝てる力をつけられれば、J1に戻っても戦えるチームになれるようにも思う。


つまりこれは修行なのです。

エスパルスが1UPするための修行なのです。


サポも忍耐強く選手の後押しをしていかないといけません。


今季は、選手もサポもバラバラだった。

今季はスタジアムで「一体感」を感じることがほとんどなかった気がする。

選手とサポが一体となるあの感じを想像すると、今からJ2開幕が待ち遠しくてたまりません。




今シーズン日本平まで足を運んでくださったJ1他サポの皆さん、ありがとうございました。

そして、来シーズンJ2で対戦するチームのサポの皆さん、新参者ですがどうぞ宜しくお願いします。

富士山の見える日本平スタジアムにぜひ越しください。