気がついたら、14節で川崎に勝ったあの試合以来、ブログを更新していませんでした。

いや、「できませんでした」が正解かな。


1stステージを終了して、エスパルスは単独最下位。


ショックすぎて、何を書いてもただの愚痴になりそうで、でも、心も頭もネガティブな感情で満杯でそれを吐き出したくて、何度もブログを更新しようとしては、読み返して削除して…という繰り返しの日々でした。


正直、これも更新するかどうかわからない。

また読み返して削除するかもしれない。

昨日、エスパルスはサポーターズサンクスデーが開催されて、選手との触れ合いを楽しんだサポさんたちもたくさんいると思うので、せっかく切り替えたその気持ちを、私のネガティブなブログでまた曇らせてしまうのもなぁ…という思いもある。


でもまあ、これは自分自身への備忘録的な意味で、何年か経って、その時エスパルスがどうなっているかわからないけど、読み返した時に「あー、この時はこんな思いで応援してたんだな」ってことを懐かしく思い出せれば良いかな…と思って、とりあえず書いてみる。


川崎戦のあと、浦和戦、甲府戦、FC東京戦と3試合あったけど、正直、優勝争いをしてる浦和、FC東京には、今のエスパルスは勝てるわけがないと思っていたし、もっと大量に失点して、これでもかってくらいに心の傷をえぐられるような痛い目にあうだろう…と思っていた。


だからぶっちゃけ、浦和に負けても1失点で済んだことや、FC東京に対しても、先制されて追いつき、その後前田に2点取られて3-1と突き放されながらも、石毛くんのミドルシュートで1点差にまで詰め寄ることができたのは、正直私の中では「よく頑張った」と思えてしまう。

「甘い!!」と怒られるかもしれないし、自分でもそう思う。

でも、今のエスパルスの実力はこの程度だろう…とも思う。そうじゃなければ最下位になんかいないでしょ。

前田に2点もとられたのはものすごく悔しかったけど、それでも、武藤や太田コースケにやられるより私の中ではましだった。


そんなことよりも、甲府戦なのである。

この敗戦が、相当にメンタルにきた。

ちびっ子たちが真ん中でかき回してショートパスでくずす、スピーディーでわくわくするサッカーを見せてくれた川崎戦とは打って変わって、遅攻からの前線へ放り込み、サイドからの単調なクロス…という、元のサッカーに逆戻り。


パスサッカーの起点となって配球してた竹内が怪我で離脱し、代わって入った八反田が、一人完全に違うサッカーをしていたように見えた。水谷くんや石毛くんが真ん中にいたことを考えれば、監督の意図としては、前節のパスサッカーを引き続きやるつもりなんだな…って思ってたんだけど、蓋を開けてみたら、せっかくの水谷くんや石毛くんのところには全然良い形でパスが渡らず。


それには、いろんな要因があったとは思う。

まず、川崎に大勝した戦術を甲府が研究して、対策してきただろうということ。

実際、甲府は前線から激しすぎるくらいプレスをかけてきたし、水谷くん石毛くんもかなり厳しくマークされていた。それからもう一つは、八反田の出したいタイミングと、水谷、石毛のもらいたいタイミングが微妙にあっていなかったこと。相手のプレスのせいでショートパスがなかなか出せず、状況見て前線にロングボールを入れる…という選択肢も八反田の中にあったからなのか、ボール持ってからワンテンポおいてしまう分、石毛くん、水谷くんのもらいたいタイミングを逸してしまってる感があった。


八反田一人が悪いと言ってるわけではもちろんない。

チームとして、人が入れ替わっただけでやれてたサッカーができなくなる…ということが問題だと私は思うのだ。

川崎に勝ったあのサッカーは、ある意味相手の戦術にうまくはまって勝てたということもあるわけで、対策されればこうやってうまくいかなくなるし、そうなった時に修正する力がないというのがマズイと思う。

前から書いているけど、大榎監督には「プランB」がない。

いや、監督にはあっても選手がそれをできないだけかもしれないし、真意はわからないけど、とにかく今のエスパルスには「修正力」というものが著しく欠けていると感じる。


監督の采配による修正力だけでなく、失点した後のディフェンス陣の修正力や、決定的な場面で外しまくる攻撃陣の修正力。一概には言えないけど、自分もサッカーをやってる経験から考えると、それって技術的な問題だけじゃなく、メンタル的な要素も関係あると思うのだ。


甲府戦では、試合が終わる10分前くらいから、ピッチに一番近いところの席の客たちがワラワラと帰り始めていた。

ほんの数メートルのところでちょうどスローインの状況だった選手たちには、間違いなくそれが見えていたと思うし、ゲンキや八反田の視線はあきらかに帰る客の方をみていた。


どう感じたんんだろうか…。


試合後には、当然のことながらヤジが飛ぶ。


「お前らビリだぞ!わかってんのか?ビリだぞ!ビリ!!」


基本的に、ヤジを飛ばすおっさんは大嫌いなのだけど、この日ばかりはもう、「言われてもしょうがないよなぁ」と思ってしまう自分がいて、自分でも驚いた。

悲しくてたまらなかったし、もちろん、そんなヤジ聞きたいわけないんだけど。


ちょっと話は逸れるけど、ここ2試合、指定席に海外の某ビッククラブのユニを着て見にきてるカップルがいて、それが気に入らないとかそういうことではなく、純粋に「なんでかなぁ?」って疑問に思っている。

チームユニを着るってことは「このクラブのファンです」ってアピールであって、他の試合を見に来る時にそのアピールをするのはなんでかなぁ?と(笑)

それで、私の中では「エスパルスの試合みにきてるけど、ファンじゃないんだからね!」ってツンデレ(?)アピールなのかなとか、勝手に思ってるんですけども(笑)


他のチームのユニで入場してはいけませんって決まりもないし別に良いんですけども、「この次あの人たちが来た時、もし二人そろってエスパルスのユニを着てたら、なんか私感動するかもしんない…」とか、勝手に頭の中で「エスパサポ誕生の瞬間」を妄想したりしてたんですが(え?)、先日の甲府戦の内容をみたら、それどころかもう、2度と試合見に来てくれないんじゃないかな…とすら思えて悲しくなりました。


実際、私ももともとは海外サッカーサポでしたから、初めて日本平に来たときには正直「海外サッカーに比べたらレベルも低いし面白くないんじゃないかなぁ」と、超上から目線でした(^_^;)

でもね、ここにも何度も書いてますけど、初めてみた試合でのスタジアムの盛り上がりに、魂が震えたのです。

目から入ってくるたくさんの鮮やかなオレンジ色のフラッグ、耳から入ってくる大歓声、足元から体全体に響き渡る地響きのような盛り上がり。サッカーで戦ってるのって選手だけじゃないんだな…って思って、それって本当にスタジアムに来ないと、テレビではわからないんだなって思って、興奮して鳥肌が立ったのを覚えてます。


そんな思いを、あの人たちは感じられたのだろうか…。


多分、感じられてないだろうなぁ…。

北風と太陽のお話じゃないけれど、他チームのユニを脱がせるほどの魅力は、今のエスパルスにはないように思えて悲しい。


まあ、これは完全に私の妄想の物語で、その人たちがどう思って試合を見にきて、今どう思ってるのかなんて全然わかんないんですけどね(笑)


昨日のサポーターズサンクスデーで大榎監督が「続投表明」らしきことを言ったらしく、Twitter上はざわざわしてましたけども、私の中では、今監督解任したとして、敏腕監督を連れてこれるほどの力が今のクラブにある気がしないし、ゴトビさんの違約金もまだ払ってるみたいだから、シーズン途中での解任はないのだろうなぁ…とは思ってたので、そんなに驚きはない。ただ、2ndステージに向けて、あまり希望が見えないのも正直なところ。


90分の中ですら修正する力がないのに、チームとして何も変わらないまま1stステージでの山のような問題点を修正できるのかな?って思う。


FC東京戦では「12番目の選手も力不足でした」ってダンマクが出て、これが清水、東京以外のサッカーサポの間でもちょっとした話題になっている。シャレが効いてて面白いって人がいたり、和んでる人がいたり、怒ってる人がいたり…。

私は勝手に「大榎監督に辞めて欲しくない人が暗に大榎監督は悪くないと言いたいのかな?」と解釈してるんだけど、それに対しても別に怒るというほどのことでもなく、こんな状況でも、みんな必死で考えて、いろんな方法でチームを盛り上げようとしてるんだよな…と思うのだ。


今は正直、エスパルスがこんな状況のせいでメンタル的にサッカーに疲れてしまっている。

楽しみにしてたコパアメリカも、見てはいるけどそんなにテンション上がらないし、せっかく女子のW杯もやってるのに、ほとんど試合も見ていなければ、結果もろくにチェックしていない。Twitterではフォローしてる人のほとんどがサッカークラスタで、TL開けばいつでもサッカーの話題で盛り上がってるので、ここ最近Twitterもごくたまにしか開かなくなった。

私の心はどんだけエスパルスに支配されてるんだろうか…(笑)


昨日は自分の試合があったのでサポーターズサンクスデーに行けなかったんだけど、自分の試合がなくてももしかして行ってなかったかもしれないし、悩んだ末に行ったかもしれないし、わからない(笑)


不甲斐ない結果を出し続けててメンタル的に相当厳しい状況にいる中でも、笑顔でファンサービスしなきゃいけない選手を見るのは個人的にキツイと思ってたから、甲府戦に負けたときに「サポサン行けても多分行かないな…」と思った。

そういうときだからこそ、サポに笑顔で励まされることで選手も頑張れるのかもしれないし、中には、それ(試合)はそれ、これ(ファンサ)はこれ、と切り替えて楽しめる選手やサポもいるのかもしれないけど、私はメンタル弱いし(笑)、エスパルスのサポという立場だけど、レベルの差はあれど、自分もサッカーをやる「選手」という立場でもあるので、いろいろ複雑で楽しめなさそうな気がした。


ただ、自分の試合から帰ってきて、Twitterで楽しそうにサポサンの話題で盛り上がってる人たちのやり取りや現地の楽しそうな様子の写真を見たら、なんかちょっとだけ和んだ。

同時に、こういう人たちがいるから、エスパルスはまだ大丈夫だな…って思った。


ゴール裏で声を枯らしてチャントを歌い続ける人たちも、こういう状況でも選手を励ましにサポーターズサンクスデーに駆けつける人たちも、ヤジを飛ばしながらもスタジアムに足を運ぶ人たちも、みんなみんな、エスパルスを支えてる人たちだ。

こういう人たちがいる間は、きっとまだまだ大丈夫だ。

私も、心折れてる場合じゃないな…と思った(笑)


ここまで書いて、読み返して、削除しようかと思ったけど、やっぱりこのまま載せておくことにする。

今日までの気持ちをここで一旦整理して、2ndステージを新たな気持ちで迎えるために。