バルサは昨日、国王杯初戦のCEロスピタレにアウェイで勝った模様。
ロスピタレってどこやねん!!って感じですけども、スペインリーグのいわゆる3部(セグンダ・ディビシオンB)に属しているチームだそう。
その割にスコアだけ見ると1-0と結構ギリギリだったご様子ですけど(汗)

…というわけで、ハイライト貼っときます。



これだけじゃわかんないですけど、相手GKのナイスセービングが何度かありましたね。おそらくバルサが一方的に押し込んでたんでしょうけど、ハイライトだけ見ると相手も何度となく決定機があったようです。
まあ、初戦はアウェイでしたけど、2nd legはカンプノウなのでこうはいかないでしょうけどね。

さて、今回も今さら感満載で先週末に行われたリーグ戦の感想を書いとこうと思います。

…とその前に…。

実は、今季はなんだかバルサの試合にワクワクドキドキしねーな…って思ってて、なんでかなぁ…って考えてたんですけど、それはおそらくTwitterのせいなんだと最近確信しました(笑)
リーガの試合って深夜とか早朝が多いから、CLの本戦とかクラシコみたいなBIGゲーム以外は大抵録画しといてその日の夜とかに見るんですけど、昼間Twitter開いちゃうとほぼ間違いなくそこで結果を把握してしまう訳ですね(^_^;)
そりゃあ、結末のわかってる試合なんかワクワクドキドキするわけないさー(笑)

でもまあ、何つぶやこうが勝手でしょ…ってのがTwitterの長所でもあるんで、結果知りたくなきゃ見るなよ!って話でして(笑)
なので最近は、まだ見てない試合がある時はなるべくTwitter開かないようにしてます(笑)忙しくて録画をなかなか見れないと結局Twitter以外でも結果知っちゃったりするんですけどね。
どっちにしても、さっさと試合見ろよ…ってことですね、ハイ(笑)

てなわけで、話を元にもどして、今節のスタメンを書いときます。

GKバルデス、DFアウベス、ピケ(81min→チアゴ)、マスチェラーノ、アビダル、MFブスケツ、チャビ(61min→サンチェス)、セスク、FWアドリアーノ(71min→ビジャ)、メッシ、イニエスタ

SUB:プジョル、マクスウェル、ビジャ、サンチェス、チアゴ、ピント、ケイタ

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています。
アウェイ、サンマメスに乗り込んでの今節は、前日から降り続いていたという雨に悩まされました。前半はともかく、後半になるとピッチが水たまり状態になってボールが全然走らない(汗)
それでもバルサはパスサッカーと言うスタイルを変えない訳ですね(笑)
こういうコンディションなら放り込みサッカーの方が有利だろ…って、素人のアタシなんかは思っちゃう訳なんですけどね。バルサともなると、天候がどうあれ常に美しいパスサッカーをしなきゃお客さんも納得いかないんでしょうかね。

しかしペップは毎回毎回、面白い…というか「は?」って思うような采配を見せてくれるよね。
今節はアドリアーノがやけに出しゃばってて(←失礼)、「サイドバックのくせにやたら中に入ってってみたり右へ左へとポジションチェンジしてみたり、なんかやけに自由人じゃんかよ」って思ってたらば、なんと今節はFW起用だったんですね(笑)
お母さん全っ然気づかなかったよ(←アビダルもいたのに)
アドリアーノがFWって選択肢がまずもってアタシの中になかったので、今節のアドリアーノの自由奔放な動きはどうしたことだ!!!…と混乱しておった次第です(笑)
まあ、あってもサイドハーフだろ…って思ってたんだけどね。
あ、ちなみに試合のフォーメーションなどはいつも英語版のバルサの公式サイトでチェックしてるんですけど、バルサの公式サイトがリニューアルしましたね。

ピクチャ 16

ビルバオは良い若手が出てきましたね。
特に目を引いたのがムニアイン。
ボール持った時に自分で運ぼうとする意識が強く、負けず嫌いな感じがにじみ出てるとことも良いです(笑)
あと、前半20分に先制ゴール決められたアンドレ・エレーラも良いもの持ってるなーと思いました。
顔がちょっとアフェライっぽいよね(笑)
ジョレンテは相変わらずポストがうまい。
ジョレンテにボール入るとコワいもんなー。

ビルバオに先制点奪われた場面では左サイドからボール運ぼうとした相手に対してマスチェが滑って転んで対応が遅れたのが始まりだったわけなんですけども、中にボール入れられた時にアンドレ・エレーラが完全ドフリーだったのはどーゆうことだ!!って感じですよね。
やっぱ押し込んでる時の後ろの守備コワい(汗)

先制されて4分後にアビダルの左からのクロスにセスクが頭で合わせて同点ゴールゲット。セスクは全身どこでもボールの扱いがうまいねー。
前にいたDFの頭を超えるクロスを下がりながらのヘディング。
ビルバオはマンマーク気味でパスワークの時に味方に近づいてくバルサの選手に対して、ビルバオのマーカーも一緒に近づいてって密集しがちだったけど、セスクはそこから離れてゴール前に入って行き、このゴールとなりました。
こういう、ゲーム全体を読むところとか見ると、セスクが持ってるものって技術だけじゃないなーって思う。
サッカーIQ高いよねぇ。アタシも欲しい。
サッカーIQ…(´・_・`)

1-1で前半を折り返した後半、バルサは何度もビルバオゴールに迫るもなかなか得点できず。途中、アドリーアノに代わって入ったビジャも何度となく技ありシュート打ったけど、ことごとくGKに跳ね返されました。

そして後半35分、相手CKをアビダルがはじいて詰めてたジョレンテに当たり、勝ち越しゴール決められます(>_<)これは最後にピケが触ってるようにも見えたけど、バルサ公式だとジョレンテの得点になってますね。
相変わらずセットプレーに弱いなぁ(汗)

その後ペップはピケを下げてチアゴを投入。
コレ何?一応攻撃的になったわけ?若干わかりづらい(笑)

しかし、Twitterで「2-2の引き分け」と先に結果知ってたはずなのに、後半終了近くなっても全然点が入らないので「アレ?もしかして負けるの?引き分け情報はガセ?」と不安になってきました(笑)
良かった、一応ドキドキワクワクした(笑)

ロスタイムに入ってもなかなか得点しないので、「やっぱ負けたのか…」とあきらめかけたそのとき、メッシがボール運んでゴール左にいたイニエスタくんにパス。これをイニエスタくんがヒールでゴール前に入れ、GKとDFが交錯してこぼれたところを、走り込んで来たメッシがシュートして同点弾を決めました。
あのイニエスタくんのヒールしびれた!(笑)

てなわけで試合は2-2の痛み分けに終わりました。
試合内容としては面白かったですけど、贅沢言えばこういう面白い内容で最後はきっちり勝って欲しいですよね。白チームはまたまた大勝したようで首位に立ってますけども、まあ、ポイント差は3ポイントだし、直接対決でやっつければ問題ない!ってことで(笑)
それより、3位のバレンシアとは勝ち点差が1、4位のレバンテとバレンシアも勝ち点差1と、CL圏内の攻防が面白いですね。
レバンテおっさんばっかなのに強いな(←失礼)

最終的には、今年もバルサ優勝&バレンシアCL圏内(2~4位)で終われば良いなーと思います。

今週末はナショナルマッチウィークのため、リーガはお休みです。
スペイン代表はロンドンでイングランド代表とテストマッチの予定。
まあ、ケガしない程度にテキトーにやってきて欲しいと思います(えー

ちなみに下記の試合はフジテレビONEとNEXTで中継があります。
イングランドvsスペイン
ドイツvsオランダ
詳細はこちら