フツーな主婦ゴトーのサッカーな部分

IMG_0867サッカー好きな主婦の日記。
好きなチームは清水エスパルスとバレンシア。レスターも好き。北川航也推し。
でも、基本エスパルスで頑張ってくれる選手は全員好きです。
柔らかトラップとキレキレターンが大好物。
好きな選手はバネガとロシツキ。
ママさんサッカーチームでCBやってます。
(現在お休み中ですが)


ホーム2戦目は、昨シーズンJ1で、ホームもアウェイも勝てなかった松本山雅。


…って書くと、なんだか山雅がめちゃめちゃ強かったみたいにも見えますが、ただ単に去年のうちが弱かっただけで、山雅どころかほとんどのチームに勝てなかっただけですよね!(にっこり


って、自虐から入りましたけども。


あ!!もちろん「山雅強くないよ」とか言ってるわけじゃありませんよ!!

実際、昨シーズン1度も勝ててないわけですから、当然簡単に勝てるとは思ってませんでした。

反町監督には湘南時代にもボコされてる記憶があるので、個人的には反町監督に若干の苦手意識もあるし。


でも、前節の快勝からの良い流れでホーム初勝利、リーグ2連勝ができれば良いな、そしたらチームも一気に良い流れに乗れそうだな…とちょっと期待したのは事実。

現実はやっぱり甘くなったけど。


しかし、山雅のサポさんすごかった。

昨日のアイスタの来場者数は約13000人で、開幕戦の15000人から比べると2000人も一気に減ってしまったんですけど、アウェイのゴール裏2階がすべて山雅サポさんで埋まっていて、選手のアップの時から全員が飛び跳ねて一体感のある迫力ある応援をしていたせいで、開幕戦の時と同じくらいの熱気がスタジアムに漂っていました。


「山雅ってすごいよなぁ。ちょっと前まで会社員やりながらサッカーやってた選手とかいたチームだよ?」と、パパが敬意を込めてつぶやいてたけど、そういうチームにこれだけ多くの熱いサポーターがいるってやっぱりすごいと思う。


アウェイのゴール裏2階がアウェイサポさんだけで埋まってるのを見たのは、私史上おそらく初めて。山雅の応援がすごいのでおのずと清水の応援にも熱が入って、それがまた試合前にいい感じの緊張感を醸し出していました。

こういう空気は、やっぱりスタジアムに来ないと体感できない。

スタジアムに足を運ぶ理由って、試合だけじゃなくて試合前のこういう緊張感とかワクワク感を味わいたいってのもあるのよね。


てなわけで、試合の感想をサクッと書いときます。

 

続きを読む


クラブ初のJ2初戦はスコアレスドローに終わり、あらためて「J2マジで甘くない」「これはやべえ」と思い知らされた清水のゆるサポゴトーです。こんにちは。


「清水サポはJ2舐めてるぜ!」とサッカークラスタにもっぱらの評判ですが、本当に舐めてた人も、舐めるどころか超びびってた人も、この開幕戦であらためて気持ちがぎゅぎゅっと引き締まったことでしょう。


そんなJ2いちねんせいの清水エスパルスの第2戦が昨日、アウェイ長崎で行われました。


ヴィファーレン長崎といえば…


ヴィファーレン長崎といえば…


えっと、ごめんなさい。なんにも知りませんでした(えー


ただ、試合が始まってから気づいたことが3つ。


【その1】

マスコットのヴィヴィくんが可愛い!(というかあざとい!(笑)


【その2】

監督見たことある!(そりゃそーだ、高木琢也氏だもの)


【その3】

23番の梶川くんは湘南ベルマーレ時代にエスパルスのサテライトの試合で見て、かなり好きなスタイルだなーとチェックしてた選手で、そういえば昨年のJ2でも「あ、梶川くんこんなとこにいた!!!」と思った記憶があるので、それが多分長崎の試合だった(説明長い)


という、以上3点以外は、全然予備知識がありませんでした。さーせん。


全然関係ないけど、実は私「皿」好きでして、私にとっては長崎といえば「波佐見焼」です。

なので、J2降格が決まった時一番最初に、「長崎の波佐見焼の窯元巡りしつつ、ついでにエスパルスのアウェイ観戦とかどうよ?」と思ったりしたのでした(ついでに…って)


だがしかし、日程が出てみたら早くも2節に長崎アウェイってことで、準備時間が足りず断念。


でも、昨日の試合を見終わった後には、「ああああー、窯元巡りとかどうでもいいからやっぱ長崎行けばよかったー!!!」と思いました。


そんな昨日の試合の感想をサクッと書いときます。

続きを読む


長かったようなあっという間だったようなシーズンオフが明けて、昨日、エスパルス初のJ2開幕戦を迎えました。


ゴトビさんが解任になった後から、ずーっとずーっと迷走し続けて、ついにはとうとうクラブ初のJ2に降格したエスパルス。
辛かったぁ…。本当に辛かった。

勝てないことはもちろん、観客席から心ない野次やブーイングが飛ぶ殺伐としたスタジアムが辛かったし、苦悩の表情でサッカーする選手たちをみるのも辛かった。


それが、ほんの数ヶ月前のことだったのに、なんだかもう、何年も前のことのように感じた。

昨日のアイスタが活気に満ち溢れていたからだ。


昨シーズン最終節には、前監督や社長に野次が飛んで、私の席の周りでは「J2に落ちたから来年はシーズンシートを買うのをやめる」と話してる人もいた。

そんなネガティブな空気は、やはり多少なりともJ2に引きずっていくんだろうか?と不安に感じていたけど、昨日のアイスタには、そんな悲壮感は全然なかった。


雲ひとつない青空にも、ベストピッチ賞を受賞した自慢の芝の濃い緑色にも、スタジアムを埋めるオレンジ色にも、すべてにワクワクした。来場者数は15000人で満員とはいかなかったものの、昨シーズン、どんどん来客数が減って1万人前後だったことを考えれば上出来だ。


楽しい!!!めちゃめちゃ楽しい!!!!


スタジアムに来ただけでこんなにワクワクしたのは、どれくらいぶりだろう…。

しばらく忘れていたそういう気持ちが一気に蘇ってきたような、そんな初めてのJ2開幕戦だった。


それにはきっと、はるばる愛媛からマスコットのオーレくんや一平くんが来て盛り上げてくれたのも大きかったと思う。それに乗せられて一平くんのキーホルダー買っちゃったしなー(笑)

チームマスコットの力ってやっぱり偉大ですね(笑)

昨シーズンの苦しい時、パルちゃん、こぱるちゃん、ぴかるちゃんに何度も何度も癒されて救われたもんなぁ。


試合は結局スコアレスドローに終わり、白星スタートとはいきませんでしたが、正直、まだ全然悲観したりはしていません。


とはいえ、いろいろ感じた事、気づいた事も多かったJ2初戦。

そんな愛媛戦について感じたことをサクッと書いときます。

続きを読む

このページのトップヘ