フツーな主婦ゴトーのサッカーな部分

バレンシアと清水エスパルスをはじめ、ママさんサッカーや海外サッカーなど、サッカーの色んなことについてミーハーに語る主婦の日記。

mamaミーハーサッカーファン歴10年目の主婦。

バレンシアと清水エスパルスを母心で見守りつつ、アーセナルやマンチェスター・シティ、レスターなど、好きな選手がいるチームもゆるゆると応援しております。

好きな選手は、バネガ、ロシツキ、バラガン、ソルダード、ヤヤ・トゥレ、カソルラ、河井、石毛、水谷、北川、宮本などなど。

一応現役サッカープレーヤー。
ママさんサッカーチームでCBやってます。

元審判員なので(現在も資格有りますが)、ジャッジングについて触れることも多し。

こんにちは!ゴトーです!
生きてます!
エスパルスが好調で「最幸の週末」が続いてるので、すこぶる元気です。

月曜の朝はいつもどっかに逃げたくなるくらい憂鬱ですが、エスパルスの昨日の勝利のおかげで、今日も無事会社にたどり着きました(え

で、仕事前にちらっとFacebook開いたら、「過去のこの日」という自分の投稿が表示されていて、そこには「J1最後の日」に「何処までもついて行く」というゲーフラを持ってニッコリ笑っている自分の姿がありました。

ああ、そうか、ちょうど一年前の今日、J1としての2015シーズンが終了して、私たちはJ2に降格したんだった。

思い返すだけで心が痛くなるほどのシーズンだったな。

でも、その写真の自分はニッコリと笑っていた。
無理してたのかな。無理してたんだろう。
でもきっと、開き直ってもいたんだろう。
そして、私の記憶が確かなら、少しだけ、ほんの少しだけホッとしてた気がします。

これでもう、苦しそうにサッカーする選手たちを見なくて済むだろう。
多分、少しは勝てるようになって、今よりも楽しめるんだろう。

っていう、希望というか、願望というか、少しだけ逃げ道を見つけたような、そんな気分だった気がしています。



続きを読む

しばらくご無沙汰しておりました。
覚えていますか?私です。ゴトーです。
生きてます。

職場が変わったり、職場が変わったり、職場が変わったりといろいろあって、
いや、つまり職場が変わっただけなんですけども、それだけで生活スタイルがガラリと変わりまして、
ブログなんて更新してる場合じゃねえ!っていう毎日を送っております。

自分のサッカーの練習にもあまり出られず、海外サッカーを見る時間もほとんどなくなりました。
つーか、なんか知らないうちに海外サッカーの放送に関していろいろ変更があったらしく(ざっくりとしか知らない)、プレミアリーグの放送枠とかめっちゃ少なくなってるし、私の大好きなバレンシアに至っては、ライブもリピートもなかったりという状況なので、海外サッカーも全然見れてない。

それでも、エスパルスの試合だけはちゃんと見ております。
ホームはもちろん毎試合スタジアムに足を運んでるし、アウェイもちゃんとチェックしております(時々結果だけだけど)

てな訳で、気付いたら前回の更新から4か月近く経過しておりました。
まあ、ブログ放置は私の得意技なんで、いまさら誰も驚かないとは思いますけどねん(えー


そんな私ですが、今回は更新せずにはいられなかった。

それは、もちろん、

俺たちの大前元紀が帰ってきたからっ!!!
続きを読む



前節、先制しながらもあっという間にひっくり返されて負けた東京ヴェルディ戦は、自分のサッカーの練習試合でリアルタイムでは見れなかったので、群馬戦の前日に録画を見ました。


当然の事ながら、敗戦後のFacebookやTwitterが荒れ気味だったので、どんだけ酷い試合だったんだよ?と思ってたんだけど、そう覚悟してから見たせいか、意外にそんなに酷くなかった…というのが正直な感想です。


酷くなかったんだけど、「気持ち」で負けたかなという感じ。


「気持ち」とか、メンタル面の話をすると「精神論はうんざりだ」みたいに怒り出す人とか時々いるんだけど、実際スポーツをやってる人ならわかると思うけど、心技体という言葉もあるように、技術だけあっても、それを活かせるだけの精神力がないと十分な力は発揮できないと思うわけです。


プロスポーツ選手ならそれなりの技術があるのは当然で、それを活かせるかどうかで差が出てくるのだと思う。持ってる技術を活かすのは、知識や経験もあるけど、やはり「気持ち」もとても大事だと思います。


ヴェルディの選手たちの方が、ボールに食いついていく、ゴールに向かっていく気持ちが強かった。

この試合の差は、たったそれだけだった気がします。


さて、そんな試合から一転、今節は群馬相手に8-0という、夢のようなスコアで大勝しました。


ボーナスステージか?ってくらいのゴール祭りで、詳しいことはあまり覚えてないんだけども(え?)、とりあえず感想をサクッと書いときます。


続きを読む

このページのトップヘ